SEO対策の為のキーワードマーケティング

Copyright (C) SEO対策の勉強をしているSW

 

seo対策で重要な文字数の調整について

検索エンジンからのアクセスが少なく、集客が見込めていない場合やSEOキーワードは
きちんと設定しているのに検索順位が上がらないという場合、seo対策として文字数の
調整をきちんと行うことが重要になります。

seo対策で行う文字数の調整とはWebサイトの1ページあたりの文字の数を増やして
情報を充実させることができれば、文章がしっかり書かれているページは検索エンジンの
評価が高くなる特徴を持ち、上位を獲得出来る可能性が高いからです。

集客につながる

では実際にseo対策としてどのように文字の数の調整を行うべきか、どれくらいの量の
文章が必要になるかというと、文字の数が2000〜4000字以上が必要といわれており、
商圏が県内などに限られている場合などはライバルサイト数も少なくなるので
そこまでの文字の数は必要にはなりません。

ニッチな分野の事業であったり、ニッチなテーマのキーワードで対策をしている場合も
文字で稼ぐ必要はそこまでないといわれています。

 

seo対策で欠かせない動画埋め込み

seo対策には様々な方法がありますが、webページで検索順位を上昇させる方法には
動画の埋め込みを利用している方が増えてきています。

最近ではYouTubeの映像なども手軽に埋め込みする方法がありますが、
映像をページ上に掲載するだけでは直接的なseo対策を行うことはできないと
いわれています。

動画

そこで間接的なseo対策としておすすめするのが、ユーザーの検索意図を考慮した
ページのテーマに合わせて、質の高い動画を埋め込むコンテンツを作成することです。

質の高いコンテンツは検索クエリとの関連性や信頼性が高く仕上がるので、
良質なページを作成することが可能です。

ページに該当しているキーワード順位は結果的に順位が上がりやすくなるメリットがあります。

そのため映像を利用してseo対策を行う場合、映像を盛り込むだけではなく、
ページの質を上げることは映像を副次的に盛り込むことが重要なポイントになります。