SEO対策の為のキーワードマーケティング

Copyright (C) SEO対策の勉強をしているSW

 

競合上位サイトを分析してキーワードを選定する

SEO対策を行う最大の目的は、「検索エンジン(検索ページ)に対して
高く評価してもらうこと」です。

つまり、インターネットユーザーが調べたいキーワード(検索クエリ)を
入力した際、検索結果として1〜5位程度の範囲に表示されるようになることを狙います。

インターネットユーザーの動向として、検索結果として表示される1ページ目から
希望に合ったコンテンツがあるかどうかを探しやすく、2ページ目以降になると
一気に低くなってしまいます。

分析する

現状あるSEO対策に関するハウツーを見てみても、「検索結果上位3ページ以内には
入るようにしましょう」といった説明があるのが良い例です。

自身が運営するコンテンツにおけるライバルサイトは、ただ単に運営年数が長い
という理由で利用者が多い訳ではありません。

もちろん、運営年数が関係ない訳ではありませんが、「より質の高いコンテンツ」が
出て来れば順位はすぐに入れ替わってしまいます。

それほどまでにインターネットにおける競争は激化しているため、
「いかにして競合上位サイトを追い抜くのか」がポイントです。

もし、SEOに関する深い専門知識があるならオリジナルの方法で
アプローチしていくこともできるでしょう。

しかし、思うように成果が上がらない状況であれば、競合サイトを敵としてのみ
認識するのではなく、「良いお手本」として認識し活用することによって、
自身が運営するサイトのクオリティを上げることもできます。

調べる